カスガイチ
衣装をマイナーチェンジ、アニメ化を狙っているぞ!(嘘)
 戦いが終わったら、血の繋がっていない妹たちを率いて
無人島に建国。 その国の女王になりたいと密かに思っている
シルフィーなのであった。
 「当たらない すごい 必殺技」とカレイドスター風に揶揄され、
イマイチ役に立たない彼女ですが、仲間がピンチの時は覚醒。
 洒落にならない戦闘能力で敵を殲滅する二次元エンド要員
だったりします。
 やわらか戦車を追い掛け回す夢を見たレオナ。
(・・・どうしても捕まえられない)
殴って投げるファイトスタイルは、まるで「天地を喰らう2」の
張飛(笑)
 ちびっ子好きのクリス。 「悪いやつはやっつけたから、みんな
出ておいで お姉さんに触っていいよ〜」
 エッチな攻撃を受けた際「おっぱいがいうことを聞かない」と
珍発言をしてしまい、レオナに腹を抱えて笑われてしまった
クリス。 そんな彼女のクルセイドフォーム(仮)
 三つのフォームを使い分けゲッターロボ気取りなクリスの
アスカフォーム。
 戦闘能力の低い隠密行動用のフォームなので捕まると
即レ○プ、ピンチの時は必死で逃げます。
 ついに尻尾を生やし始めたレオナのライガーフォーム。 
尻尾(サンダーテイル)はタイマンブルースなレオナにとって
待望の範囲攻撃(スタン効果付き)
 右腰から生えているし収納可能なので尻尾じゃないと
言い張ります(笑)
 コミケが終わってから大慌てで描いた残暑見舞い。
その後更新が滞り、10月過ぎまでトップを飾り
セカンドインパクトの影響で夏が終わらなくなったのかと
勘違いするカスガイチであった(謎)
 段々線が増えてきたクリスのマイティフォーム。 
手の甲から出すリボンや蹴り技メインで戦い、
仲間必要ないんじゃないかってぐらいバランスが良いです(笑)
 なんとなく描いてみたシルフィーに色を塗ってみたり。
 クルセイドフォームをきわどいビキニのインナーにアーマーをくっつけるという
コンセプトでリファイン。  ・・・文字通りビキニ鎧(笑) 
 気づくと年に一度ぐらいしか描いてないシルフィーのブラスティフォーム。
シルフィーが捕まるとレオナがテンパるので、彼女に気を配りつつ
クリスは戦わなくてはいけません(笑)
 クルセイドフォームのインナーだけの図。 自分の意思でアーマーを
パージすることも出来ますが、いわゆるジオングの頭だけ状態なので
激弱。 ・・・逃げてェェ
 アーマーをつけて本来の姿。 こうなると遠距離攻撃を無効化できるシールドを
張れたり、剣がビームサーベルになったりとやりたい放題。
「ハニワ原人、全滅よ!」
 テリーマンのことを「解説超人」とか「タッグ専門超人」とか言われると大激怒。
恐れを知らぬ戦士となってどんな相手も「渾身のブレーンバスター」
(ザ・摩雲天を倒した技です)で投げ飛ばします(笑)
男なんて興味ないとか言ってるくせに、実ははじめの一歩の
宮田一郎みたいな、ストイックでクールな男がタイプだったりするクリスが
2008年の年賀絵を務めております。